有限会社エル・エイソフト 当社は実験室・研究室用クロマトデータ処理システムを開発・販売しています。 USBで簡単接続!クロマトデータ処理システムCDSは LAsoftにお任せください!

クロマトグラフィー入門

波形身近にあるクロマトグラフィー
身近にあるクロマトグラフィィーの例でイメージをとらえてみましょう。

「板べいが永年雨ざらしにされると、そこに模様が浮き上がっていた。」
「新しい布製の白い靴を雨の日にはいていくと、乾燥後 帯状の模様がついていた。」
     靴
こんなことに遭遇したことはありませんか?

これは板や布の中を水が移動していくときに汚れや木の中の着色成分がいっしょに移動し、
同じ性質の成分たちが一定の割合で板や布に留まり分離し、蓄積していった様子が模様になって表れています。
これらの板や布は一種のクロマトグラフということができるでしょう。

また、川の上流から下流にかけては土砂の粒に応じて段階的に堆積するという現象を知っていますね。
これは、川の流れによって流されていく土砂が重力の力を借りて分離していく姿です。
この仕組みは自然界のクロマトグラフといえます。

クロマトグラフとは物質を分離をさせる装置のことを言います。
小中学校の理科の時間などで、簡単なペーパークロマトグラフをつかって、植物色素を分離させる実験などをやった人もいるかもしれません。


では、次のような例を分析するにはどうするでしょうか?

「今話題のダイオキシン、どのくらいの濃度か?」
「どんな食品添加物がどのくらい含まれているか?」
「汚水を安全なレベルで流しているか、水質を調べたい」

これらは、物質的にかなり小さいものですので、企業や研究機関などで専門の装置をつかってその対象物を厳密に測定し分析されています。 あらゆる物質は目に見えない分子から成り立っています。それらを化学的・物理的な物質の性質や相互作用を利用し分離させ、測定します。

この分離分析の方法を総称してクロマトグラフィー(chromatography) と呼んでいます。
またそれに使われる装置のことをクロマトグラフ( Chromatograph )といい、
クロマトグラフを用いてクロマトグラィーの結果を記録したものをクロマトグラム( Chromatogram )といいます。

薬学、医学、化学などの様々な分野の研究機関でクロマトグラフィーは使われています。


<用語のまとめ>
クロマトグラフィー・・・混合物の化学分離分析法の一つ
クロマトグラフ・・・クロマトグラフィーを行う装置
クロマトグラム・・・クロマトグラフィーの結果を記録したもの、横軸は化合物、縦軸は濃度をあらわす。






クロマトデータ処理装置CDSのお見積・デモ機の申込はこちらから↓↓↓

LASOFTは創業以来PCを使ったクロマトデータ処理システムを製造・販売しております。 USB接続のADコンバータを使用した大変コンパクトなクロマトインテグレータです。
使い方はとてもシンプルで、驚くほど低予算でアナログ記録環境をデジタル化します。 お手持ちの液クロHPLC,ガスクロGC記録計として、古いペンレコーダーやクロマトコーダー、クロマトパック等の置き換えにも最適です。
デモ機を無料貸し出し中、ぜひお試し下さい!EZChrom、SIC、島津、日立等の他社システムとの比較にもご遠慮なくご活用ください

クロマトデータ処理装置CDSimg

こちらは 有限会社 エル・エイソフトのHPです。
Today is 2020/05/27   2020.5.13UPDATE !