有限会社エル・エイソフト 当社は実験室・研究室用クロマトデータ処理システムを開発・販売しています。 USBで簡単接続!クロマトデータ処理システムCDSは LAsoftにお任せください!

クロマトグラフィー入門

波形クロマトグラフィ―の歴史

クロマトグラフィーの歴史は、ロシアの植物学者 Mikhail S. Tswett (ツウェット) (1872-1919)が、植物色素(クロロフィル)の成分を、 石油エーテルと共に炭酸カルシウム層に通し、色素成分が分離したことを発見したことから始まりました。

ギリシャ語で、 色(Chroma)を記録する(Graphein)というところからChromatography(クロマトグラフィー)という言葉となったそうです。
現在では、色相の分析だけでなく、ある混合物をそれぞれの構成成分に分離し、測定するための分析メソッドを総称してクロマトグラフィーと呼んでいます。







クロマトデータ処理装置CDSのお見積・デモ機の申込はこちらから↓↓↓

LASOFTは創業以来PCを使ったクロマトデータ処理システムを製造・販売しております。 USB接続のADコンバータを使用した大変コンパクトなクロマトインテグレータです。
使い方はとてもシンプルで、驚くほど低予算でアナログ記録環境をデジタル化します。 お手持ちの液クロHPLC,ガスクロGC記録計として、古いペンレコーダーやクロマトコーダー、クロマトパック等の置き換えにも最適です。
デモ機を無料貸し出し中、ぜひお試し下さい!EZChrom、SIC、島津、日立等の他社システムとの比較にもご遠慮なくご活用ください

クロマトデータ処理装置CDSimg

こちらは 有限会社 エル・エイソフトのHPです。
Today is 2020/05/27   2020.5.13UPDATE !