LASOFTHomepage 会社案内 お問い合わせ


CDSの変更履歴



ビルド469(2021/4/27)
(1)手動編集で最後のピークの終了点を修正できない問題のBUGFIX
(2)ワイドレンジのゼロ校正機能の追加

ビルド467(2021/2/12)
(1)時間範囲のグルーピングが指定された場合はグループ番号が指定できないように変更
(2)ツールバービットマップの画像が粗い問題の修正
(3)解像度の高いディスプレイを使った場合にツールバーのアイコンが小さく使いにくくなる問題の修正
(4)ワイドレンジ機能の修正、オフセット補正機能を追加
(5)解析画面でカーソル位置の時間、電圧だけでなく傾き(uV/min)を表示するように変更
(6)テーリングピークのエンドポイントを手動修正できない問題のBUGFIX
(7)検量線画面のスタンダード波形表示がピーク幅の狭いデータに対応しない問題の修正
(8)検量線画面のスタンダード波形表示でズームしたとき、縦横にスクロールできる機能を追加
(9)スタンダード波形表示枠で時間範囲のグルーピング時間設定メニューを追加
(10)標準保持時間更新機能追加
(11)保持時間修正機能追加
(12)英語リソースの不備を修正

ビルド457(2020/6/3)
(1)データのサンプル情報編集でデータプロファイル及びデータフォルダーキャッシュを更新するように修正
(2)ワイドレンジ機能に係数設定を追加
(3)測定時のランプをBLINK->ON選択可能に
(4)ADCエラーのタイムアウトを調整可能に

B452(2020/2/24)
(1)データの選択でサンプル名で並べ替えを実装
(2)データ選択ダイアログ表示で時間がかかる時"処理中"表示を出すようにした。
(3)CSVデータ転送機能のBUGFIX
(4)印刷処理のBUGFIX

B451(2020/2/18)
(1)サンプル名データ検索機能の追加
(2) CSVファイル転送(NAS)機能オプションの実装

B450(2020/2/7)
(1) メソッド自動保存しないメニューのBUGFIX

B449(2020/1/21)
(1) メソッドを切り換える操作を行ったとき、画面が切り換えられた検量線に更新しない場合がある問題を修正
(2) 設定の修正を自動でメソッドに反映させないようにする(メソッド自動保存しない)メニューの追加
(3) 島津のワイドレンジ機能に対応

B448(2019/6/18)
プログラムを終了して、再び起動するとデータ番号が1にリセットされ、データを上書きする危険がある問題の修正

B447
手動波形処理修正不正なピークとなる場合がある問題のBUGFIX

B442
サンプリング条件の分析時間が0.1minから設定できるように修正

B436
自動レンジ機能Option対応

B435
全成分表示機能を追加 計算結果の表示で同定テーブルに登録された成分でピークが検出されなかったとき、濃度を0として表示する

B433
時間範囲のグルーピング機能の追加、検量線手動設定機能の追加

B430,431(2017/2/23 XP最終版)
*波形解析プログラムBUG修正
ピークの上に乗る折線ピークの処理で希に折線ピークの終了点が記録されないことがあった。
その結果ゴミデータによって親ピークの面積にも異様な数値が入る場合があった。
*ベースラインホールド機能の拡張
ベースライン上昇で水平ベースラインを強制できるよう機能を拡張

B429(2016/9/29)
*自動AIA出力機能のBUG-FIX
*自動メンテナンスなどによる影響を最小化する修正

B425(2016/3/25)
*壊れたメソッドファイルでクラッシュしない様に修正

B424(2015/11/21)
*未同定成分があるとエラーを起こすBUG修正

B423(201510/20)
手動同定機能、START、STOPツールバーボタンの追加

B421(2015/5/11)
* Windows8で波形解析条件の設定2の表示修正
Windows8で波形解析条件のタイムプログラム欄の
設定2が表示されない件の修正

B420(2015/4/17)
*グルーピングの処理の変更
グループ合計の濃度に矛盾が生じないように修正

B419(2015/3/26)
* タイマーからのスタートが稀にかからない時がある問題の修正
* データの作成にまれに失敗することがある問題の修正
* Plus版にGPC機能を標準で組み込み
* Plus版にTEXTデータインポート機能と自動アスキー出力機能を組み込み

B416(2015/3/7)
* アナログ入力オプション追加
* クロマト解析画面で右クリックメニューを
キャンセルすると影が残る問題の修正

B414(2015/1/22)
* 手動波形処理でピーク追加方法を3点指定から2点指定方式に変更
* 手動波形処理でピーク追加編集に関連したいくつかのバグを修正
* タイマーの繰り返し回数設定の変更
 (255以上を設定した場合無限に繰り返す仕様を、
  繰り返し数は32768まで設定可能とした、
  また無限繰返しは0を指定することにした。)

B410(2014/10/18)
* 2038年問題対応
* 測定準備メニューの選択で不必要な警告を出さないようにし、また警告メッセージを分かりやすくした。
* Event Marker機能にSTOP信号代用機能とGUI操作を追加
* IOSvrによるリレーの共有
* AIA他社読み取りに失敗する例のあったものを読取り可能に修正。
* 連続分析を600件以上行うとデータ名が不正となる問題を修正
* 連続分析で日付が変わってもデータ名の日付が変わらない問題の修正
* GPC機能のBUG FIX,  * 測定終了時アラーム音機能の追加
* GPC機能にZ平均分子量、Z+1平均分子量
* 粘度平均分子量計算機能追加
* GPCのレポート機能改良

B408(2014/9/22)
(1)Event Marker機能にSTOP信号代用機能とGUI操作を追加

B407(2014/9/15)
(1)IOSvrによるリレーの共有

B404(2014/6/10) 
(1)AIA他社読み取りに失敗する例のあったものを読取り可能に修正。
(2)連続分析を600件以上行うとデータ名が不正となる問題を修正
(3)連続分析で日付が変わってもデータ名の日付が変わらない問題の修正

B403(2014/4/13)
(1)GPC機能のBUG FIX

B402(2014/4/2)
(1)測定終了時アラーム音機能の追加
(2)GPC機能にZ平均分子量、Z+1平均分子量、粘度平均分子量計算機能追加
(3)GPCのレポート機能改良

B401(2014/3/28)
(1)変数機能にTOTALを追加 CONC_[1|2|3|4]T
(2)イベントマーカのCSV保存、EXCEL保存機能の追加




先頭へ戻る  トップページへ戻る
Copyright © 1998-2020 LAsoft Ltd. All rights reserved.